不器用でも簡単にできるガラス交換

大掃除の時期や、ガラスの汚れが気になったときに、ガラスの交換ができたらいいなぁという方もいるかもしれません。また、既に使用しているガラスが気に入らなかったり割れてしまった際にも、交換ができると便利ですよね。不器用な方でも、安全にガラスを交換するための道具と、シンプルな交換方法を知っていれば、自分のタイミングでガラスの交換を行うことができます。それほど大きくない窓ガラスであれば、自分でやったほうが好きなガラスが選べたり、無駄なお金がかかりすぎたりしないのでおすすめです。また、割れてしまってすぐにでも交換が必要!という方の応急処置的な対応にもできます。やり方が分からないから自分じゃできないな、と思っている方は、これを読んで一度トライしてみると良いでしょう。

ガラス交換で用意しておくといいもの

ガラス交換をする際には、安全で簡単が第一です。ガラス交換で必要なものとは、まずは「段ボールやマットなど、下に敷いて傷がつくのを防げるもの」です。マンションなどでは音の心配もあるので2センチくらい厚みのあるものが理想ですが、一番手軽なのは近所のスーパーなどで段ボールをもらってくると最適です。次に「軍手」です。ガラスを扱いますので万が一のためでもありますし、屋外に接しているものだと多少汚れも気になるかもしれないので、軍手があると気持ちよく作業ができるでしょう。さいごに「ドライバー」です。だいたいプラスの形状で作られているものが多いので、プラスのドライバーを用意しておきましょう。電動ドライバーがあればとても早く作業ができるので、電動のものもおすすめです。

不器用でもできるガラス交換の方法

実際の方法です。まずは、ドライバーでサッシを外します。上から外し、次に横を外します。途中L字型にして、ガラスを取り出しやすくすると作業がスムーズです。ガラスを取りだしたら、周囲についているゴム枠を外します。そして新しいガラスにゴム枠を付け直します。最初に外したときと逆の手順で、ガラスをサッシにはめ込んでいきましょう。ドライバーで固定する際には、しっかりと、ガラスがぐらつかないことを確認してください。それが終われば、新しいガラスのはまったサッシを窓枠にはめ直していきます。窓枠に対して室内に寄せるように下を斜めにたおし、ななめ上にはめこむようにして窓枠に入れ込んでください。レールとサッシ下の溝が合うようにはめていけば綺麗に戻すことができます。一人で難しい場合には二人でやるのをおすすめします。